Home > 成人向け表現について

成人向け表現について

次の点についてご案内しています。どうぞご熟読下さい。
※「成人向」は、男性向け・女性向けを問いません。

成人向け同人誌の表現について

同人誌に関わる多くの方がご存知かと思いますが、性的表現をする場合、男性向け・女性向けを問わず、同人誌に限らず全てのメディアが法律や条例によって規制されています。猥褻表現を規制する代表的なものとして「刑法175条」があります。また、都道府県などの地方自治体による「青少年健全育成条例」などによっても性的表現だけでなく、犯罪行為を誘発する表現、過激な暴力表現などを含めた「有害な表現」が規制されています。これは法的に日本全国で許可されていない場合や、地域によって規制の有無が異なる場合があるということです。


同人誌の場合でも、これらの規制を守らなくてはなりません。地方自治体で制定される各種条例は、同人誌を頒布する地域(イベント・書店など)がどこかによって異なります。
性表現などについても言論や表現の自由はあるかも知れません。しかし、個々のモラルや責任が問われるものであり、法律や条例に抵触する行為を強引に実行していいということではありません。


同人プリントはこれらを同人誌に関わる重要な問題のひとつと受け止めています。
皆さまの大切な原稿をそのまま手を加えることなく印刷したいと考えておりますが、一印刷会社として、法律や条例に抵触するものを印刷・製本することはできません。「性的表現」や「残虐的・猟奇的な表現」などについて慎重な対応・表現をお願いします。


これらの表現に関する代表的な参考例として、イベント主催者が呼びかける自主規制があります。
多くの主催者に共通する例では「法律・条例に触れない」「具体的な性器描写は避ける」「未成年への頒布はしない」「表紙に成年向(成人向)であることを明記する」などで、修正基準としては「一般商業誌に準ずる」とされています。
性器(男女問わず)を具体的・写実的に表現してはいけません。性交表現においては、男女・男性同士・女性同士に関わらずそれぞれに修正が必要です。俗にいわれるエロ・やおいを含む全ての性表現が対象となります。勿論、イラスト・漫画に限らず実写ものも同様です。


同人プリントでは、自社規制基準として一般的な成人向商業誌(男性向け・女性向けを問わず)よりも少々厳しい規制をお願いするケースがあります。性表現については、前述の他、「2.成人向け表現・性表現に関する注意点」についてもご留意の上、ご入稿下さい。(準ずるべき一般商業誌とは、コンビニエンスストアなどでも販売される「大手出版社の発行する成年向雑誌」が適当と考えます)
ご入稿受付の際、性的表現などについても出来るだけ確認しています。何をもって成人向けと判断するかは非常に難しい問題です。最終的には司法のもとでしか判断できるものではありませんが、可能な限りの情報収集に努め、「だいじょうぶかな?」というご相談にも出来るだけ応じています。


同人誌は何よりも作者・発行者である自分に責任がありますし、法律に違反する場合は自分が罪に問われます。誰かの行為が問題になれば、当事者以外にもイベントや参加者など、沢山の人に迷惑がかかります。
最悪の事態としては、同人誌即売会がなくなってしまうかも知れません。表現の自由は何をやってもいい好き勝手を許すものではなく、個々のモラルと責任の上に成り立つものであると納得した上で、楽しんでいきましょう。

成人向け表現・性表現に関する注意点

  • 表紙(表1)にハッキリと、誰が見ても「成人向け」と分かるように「18禁」「成人向」「成年向」「R-18」などの表記をして下さい。
    小さすぎる表記・デザインに埋もれて認識しにくい表記は避けて下さい。表記のない場合、成人向けとして合法と思われる作品でも印刷をお断りする可能性があります。
    漫画・小説に関わらず、性的表現の多い作品は成人向けと考えられます。また、小説は青少年健全育成保護を目的とした「有害図書」対象になりえますので、ご理解下さるようお願いします。(暴力表現を多く含む作品についても成人指定をお願いします)
  • 必ず「奥付」を明記して下さい。
    • 発行日
    • 発行者名(サークル名・ペンネーム)
    • 連絡先(住所・私書箱・E-mailなど)
    • 印刷会社名
    同人誌の発行・頒布活動に伴う責任は発行者であるサークルにあり、成人向け・一般向けに関わらず必要なものです。最近では個人情報問題からか明記されない同人誌が増えているようですが、責任所在を明確にし、何らかの連絡先を明記して下さい。(連絡先は自宅住所以外でも問題ないと考えます)
    何かしらのトラブルが起きた場合、予めその可能性を自覚しており故意に連絡先を載せなかったと判断される場合があります。
  • 性表現~性器描写は、結合部分についても修正を加えて下さい。
    黒ベタ・白抜きなどで、見えないように隠して下さい。濃いスクリーントーンやモザイクトーンでは隠せません。
    下の絵が透けている場合、修正処理ではなく強調表現と見なします。目立たない曖昧な修正は避け、ハッキリとした修正を行なって下さい。
  • 表紙での全裸・半裸表現は避けて下さい。
    黒ベタ・白抜きなどで、見えないように隠して下さい。濃いスクリーントーンやモザイクトーンでは隠せません表紙でこれらを表現する場合、各地方自治体の条例によって頒布・販売出来ない可能性があります。商業誌では「週刊青年漫画雑誌」等に見られる表現(水着着用等)のレベルを参考として下さい。
    表紙は入場者に年令制限を設けないイベント・書店などで頒布する限り、未成年者の目にも触れる物です。
    より慎重な対応をお願いします。
  • デジタルデータで入稿される場合、必ず、修正処理後(入稿する原稿と同じ内容)の出力見本を全頁添付して下さい。
    出力見本がないと内容確認が遅れるため、場合によってはご希望の納品日に間に合わなくなります。
    また、稀に見本ではしっかりと修正されていたが、データ原稿では無修正に近い状態という場合があります。この場合、改めて修正をお願いすることになりますし、結果としてご希望の納品日に間に合わなくなります。
  • 幼児・児童を扱った性的表現作品は受付できません。
    疑似的性行為表現、虐待表現も同様です。(制作上のキャラクター設定年齢だけではなく、一般的な見た目年齢によって、子供かどうかを判断することがあります)

その他の受付できない印刷について

無修正・激アマ修正成人向け同人誌の他に、こんなものも印刷出来ません

  • 「危険文献」「反社会的文献」に該当するもの
    (法律で規制された薬物・爆発物についての作り方・入手法など)
  • 実在する個人・団体を中傷するもの
  • 猟奇的な表現・残虐的な表現
  • 実物そっくりのキャラクターを描いた本・グッズ類
  • 実物そっくりのロゴマークを用いた本・グッズ類
  • 未成年が発行・発注・執筆する「成人向」同人誌